不動産物件を売却するときにかかる費用

不動産物件を売却すると、売れた金額が丸々懐に入ってくるわけではありません。業者を通じて売却していれば手数料が必要ですし、利益が出ていれば税金を払わなければなりません。マンションの管理費を滞納しているなどの事情があれば、その分も差し引かなければなりません。 売却したお金を住み替えの資金にしようとしているのであれば、実際に懐に入ってくるお金がいくらになるのか、正確に計算しておかなければなりません。住み替え予定の不動産物件の頭金にしようと考えているなら尚更です。当然売れなかったときのことも考えなくてはなりません。 不動産物件の売却において、一般的に最も多くを占める諸費用は仲介手数料です。仲介業者を通さずに売却すれば払う必要のないお金ですが、実際には通さずに売ることはほぼ不可能でしょう。親戚や知人に売却するなら可能かもしれませんが、相場とかけ離れた価格で売却すれば贈与税が発生する可能性がありますので注意が必要です。いずれにしても契約書類の作成等はプロのチェックを受けるのが無難です。 仲介手数料は、仮に2000万円で売却すれば66万円です。固定資産税や管理費の滞納があれば、売却代金の中から精算することになります。

Copyright ©All rights reserved.不動産物件の無料査定における注意点.