完成済みの不動産物件購入での検査

注文住宅は、その気になれば基礎工事の段階から完成までの工程を見学することができる不動産物件です。しかし完成済みの戸建てを購入する場合には、完成までの工程を見ることができませんので、基礎工事等で問題がないかどうか不安になる人も多いことでしょう。 住宅性能表示があれば安心するでしょうが、実際この制度を利用して性能表示をしている物件は多くありません。このため住宅性能表示がないからといって、性能が低い不動産物件とは限りません。むしろ住宅性能表示は第三者機関を通じて検査しなければならないような小さな施工会社が採用していることが多いです。全国に名前が知れたハウスメーカーの不動産物件等は、会社の検査体制が整っていますので、わざわざ第三者機関に検査を委ねず、自社で行っていることがほとんどです。 住宅性能表示は、主に建築中の検査であり、設計どおりの施工が行われているかをチェックするものです。このため完成後に受けることはできません。もしも住宅性能表示がないから不安だという人は、せめて内覧会に代わる最終チェックの場に、民間の検査機関に同行してもらうと良いでしょう。完成済みですので内部までは検査できませんが、専用機材を使ったできる限りの検査をしてもらえます。

Copyright ©All rights reserved.不動産物件の無料査定における注意点.