マンションは耐久性のある不動産物件だがいずれは建て替えに

マンションは木造の一戸建てに比べると耐用年数の長い不動産物件ですが、それでも一生住めるとは限りません。40代、50代で新築のマンションを購入すれば、一生住めるかもしれませんが、子供や孫の代には建て替えになるでしょう。もっと若くして購入した場合や、中古物件の場合には、住んでいる間に建て替えとなる可能性は充分にあります。 マンションの場合、建て替えに関する規定も必ずありますので、確認してから購入するようにしましょう。建て替え後に優先的に入居できるのが一般的ですが、相当な費用を負担しなければならないことが多くなっています。 例えば住んでいるマンションが住人の同意を得て建て替えることになったとしましょう。既存の建物の取り壊し、撤去、新しいマンションの建設と何億ものお金がかかります。この費用を持分割合に応じて負担すれば、新しく建てられるマンションに入居することができます。 もちろん新しくマンションを買うくらいの金額になります。当然辞退する人もいるでしょう。そうなると、余った部屋は新築の不動産物件として分譲されます。旧住人と新住人が混在することになります。建て替えによって戸数が増えれば、いずれにしても新たに分譲されます。

Copyright ©All rights reserved.不動産物件の無料査定における注意点.